ウッドデッキ材は比較することで費用をグッと抑えられる

気温の影響を受けにくく

男女

種類やそれぞれの特長

暑い日には室内も暑くなりますし、寒い日には床や壁が冷たくなりますが、これは室温が気温に比例しているからです。しかし床や壁の内部に断熱材を入れれば、室温は気温の影響を受けにくくなります。なぜなら断熱材が、熱伝導率の低い素材で作られているからです。そのため昨今では、屋内でより快適に過ごすために、業者に断熱リフォームを依頼する人が増えています。断熱リフォームは、床板や壁板を取り外し、断熱材を入れた上で再び取り付けるという方法で行われます。1室あたりに20〜30万円の費用がかかりますが、以後は冷暖房器具を多用せずに生活することが可能となります。したがって長い目で見ると経済的ですし、環境のためにもなると言えます。また断熱材は種類が豊富で、中には断熱以外の効果が期待できるものもあります。たとえば防音性のあるグラスウールを使用すれば、室内ではより静かに過ごせるようになります。そして耐火性の高いロックウールを使用すれば、火災発生時の延焼が防止されるのです。さらに、気密性を高めるウレタンフォームや、新聞紙からリサイクルされたセルロースファイバーなどもあります。断熱リフォームでは、こういった断熱材を基本的に自由に選択できるようになっています。業者にサンプルの持参を依頼すれば、実物に触れてみることができます。またモデルルームがあれば、そこに行くことで、断熱性や防音性の高さをよりしっかりと確認できます。いずれの場合も、効果に納得した上で発注できるようになっているのです。