ウッドデッキ材は比較することで費用をグッと抑えられる

憧れのウッドデッキを作る

ウッドデッキ

材質の特性を知りましょう

休日にウッドデッキでランチをしたりバーベキューをしたり、そんな過ごし方に憧れる人も多いでしょう。ウッドデッキは材質によって値段やメンテナンスなどが変わってきますので、これからウッドデッキを作る方は、まずはウッドデッキ材を比較してその特性を知るところから始めましょう。ウッドデッキ材には大きく分けて天然木と人工木があり、まずは天然木の特性を説明していきます。天然木にはハードウッドとソフトウッドがあり、屋外に設置するウッドデッキなら耐久性に優れたハードウッドがお勧めです。ハードウッドと比較してソフトウッドは柔らかく素人でも加工しやすいうえ安いのですが、定期的に防腐剤を塗る必要があります。ハードウッドは密度が高く固いので電動丸ノコや電動ドライバなどの工具が必要になりますが、ソフトウッドよりも耐久性があり腐りにくく、見た目も高級感があります。屋外であってもベランダなど屋根がある所に設置するなら、ソフトウッドでも安く済ませても良いでしょうが、庭に設置するならハードウッドが良いでしょう。次に人工木ですが、天然木と比較すると値段が高くなるものの、腐らないためメンテナンスが不要という最大のメリットがあります。天然木のようにウッドデッキ材が反ったりささくれたりしないし、天然木には劣るものの木のような風合いは感じられます。人工木の中でも、天然木に樹脂を混ぜたウッドデッキ材を選ぶことで、より天然木に近い風合いのウッドデッキを作ることができます。ウッドデッキの設置場所や地域によってウッドデッキ材を選ぶのも良いでしょうし、業者にウッドデッキ材別に見積もりを依頼し値段を比較するのも良いでしょう。

メリットや費用

フローリング

フロアコーティングでは、UV系コーティング剤がよく使われています。紫外線照射により重合を開始するので、失敗のリスクが少ないからです。また水を通さないため、水回りのフロアコーティングにも適しています。費用は戸建て住宅全体の場合で、約30万円が相場です。施工前には、家具や絨毯などの搬出が必要となります。

依頼するメリットとは

フロアコーティング

フロアコーティングを扱っている専門業者は大阪に沢山あります。業者によっては、フロアコーティングで行なう全ての工程を自社で行なっているところもあるため、安心して依頼することができます。また、専門業者は保証の期間が長いという点も魅力です。

気温の影響を受けにくく

男女

床や壁の内部に断熱材を入れた部屋では、室温が気温に左右されにくくなります。その分快適に過ごせるようになるため、断熱リフォームには高い需要があります。費用の相場は、1室あたり20〜30万円となっています。もちろん断熱材の種類は自由に指定できますし、それによっては部屋の防音性や気密性も高まります。